Anniversary Letter 人生の節目や記念日に、手紙を送ろう!

  • 誕生祝い便
  • 節句・七五三便
  • 入園・卒園記念便
  • 就職・成人記念便
  • 結婚記念便
  • 長寿祝い便
  • 同級生便
  • 通常便
  • 心の手紙 インターネットからのお申込みはこちら
  • ご利用者の声
  • メールで受付 プリントサービス

お孫さんやご家族の皆さんへ

長寿祝い便

還暦(60歳)・喜寿(77歳)・米寿(88歳)の
祝いに届くよう、長寿に願いを込めて……

 長寿のお祝いが始まったのは鎌倉時代からだそうです。還暦の60年は、干支(「十干」と「十二支」の組み合わせ)が一回りして再び生まれた年の干支にかえる年です。暦が一巡して、生まれ変わる。つまり、赤ちゃんにもどるという意味で、赤いちゃんちゃんこを贈ってお祝いするようになったそうです。当時は60年生きたら、大変な長寿でおめでたいことだったのでしょうね。
還暦を迎えて、お祝いの手紙や贈り物を、子どもたちや孫からもらうだけでも、喜びはひとしおです。次のお祝いまで長生きしなければという目標がうまれます。
たとえば、あと3年で喜寿、あと5年で米寿という年齢になっているのに気弱になったり、病気がちになったりしているお祖父ちゃん、お祖母ちゃんを励ます手紙を書くというのはどうでしょうか? 一種の願掛けみたいなものかもしれません。「3年後にとどくよう喜寿祝いの手紙を出したから、お祖母ちゃん長生きしてね」と、書いてすぐに本人に伝えます。秘密のサプライズには、あえてしません。お孫さんから、「3年後に届くように手紙を書いたよ」などと言われたら、「じゃ、それまで元気で長生きしなきゃ」と言う気持ちになるはずです。
未来で長寿がお祝いできることを願って、お孫さんやご家族でお祖父ちゃんやお祖母ちゃんに「心の手紙」を書いてみてはいかがでしょうか。

ご感想

 母の還暦が近いねという話をしていて、じゃ、兄弟揃ったときに、手紙でお祝いしようということになりました。兄弟が揃うのは、何年かぶりだったのですが、ちょうどいい機会になりました。母に手紙のことを話すと、60歳になるのが楽しみだと喜んでくれました。

A.O さま

ご感想

 糖尿病と診断された祖父ですが、病気になっても食べたいものを食べる、と言って聞いてくれません。そこで、孫全員で5年後の喜寿のお祝いに届くよう手紙を書くことにしました。そのことを伝えると、元気で手紙が受け取れるようにしないとな、と言って、近頃は食事制限もするようになり、母も喜んでいます。

Y.E さま



心の手紙 お申込みフォーム(長寿祝い便)

下記のお申込みフォームに必要事項を入力してください。
プライバシーポリシーを確認の上、「申込む」ボタンをクリックしてください。
の項目は必ず入力してください。

名 前
ふりがな
郵便番号
住 所
電話番号
FAX番号
メールアドレス

(確認)
お支払方法 コンビニ・郵便局払い 
銀行振込(ジャパンネット銀行・阿波銀行)
保管期間 1年〜3年後(2,200円)  4年〜5年後(2,700円)
届出希望年月 例) 2018年2月
連絡事項

PAGE TOP ↑